2017/03/12

フルート

むかしむかし(ヨーロッパ・バロック音楽の時代)は、筒状で穴をふさいで音を変える笛は、縦型であっても横型であっても「フルート」と呼んでいたらしい。
どちらかと言えば縦型(現在のリコーダー)のほうをフルートと呼び、横型の笛は、わざわざ「横型のフルート」という表現をしていたという。
どういう経緯かはよく分らんが、現在ではフルートといえば横型を指すことになっている。標準的なフルートは長さが65センチメートルほどのC調の楽器。
C管フルートは、メロディを演奏する楽器としては高すぎず低すぎずで心持よろしい音高であり、一番普及しているタイプだね。
低い調では「アルト・フルート」とか「バス・フルート」があり、アンサンブルなどで活躍する。
標準のC管フルート と U字頭部管のアルトフルート
標準のC管フルート と U字頭部管のアルトフルート
だけどまあ、管を長くすれば低音が出るという物理法則にのっとり、とんでもなく低音のフルートも存在するんだよ。
コントラバスフルート と サブ・コントラバスフルート
コントラバスフルートサブ・コントラバスフルート
ピッコロ piccolo flute
ピッコロ


ピッコロもフルートの仲間
ピッコロ (piccolo)は、「小さい」という意味なので、ピッコロ・フルートが省略された名前。